「モテる男」の条件。女性が惚れる男の特徴とは?

街コン 恋愛 合コン 異業種交流会 出会い マッチング 交流 飲み会

男性が「女性にモテたい」と思うのは自然の摂理。

そして理想のモテる男になる一番の近道は、モテる男をお手本にすること。モテる男性とは?

「イケメン=モテる」とは違う

イケメン、つまり端正なルックスの男性がモテるとは限りません。もちろん、女性がカッコいい!と思うメンズの顔は決まっています。いわゆる、イケメンの条件(ルックス)を満たしている男性です。

しかし、実際にモテるイケメンは顔だけじゃない「カッコいい要素」、つまりモテる条件を持っている男性のみ。三高と呼ばれる高収入・高学歴・高身長のハイスペックな特徴を持つ男性でも女性にモテないのは、このモテる男の条件を満たしていないから。

逆に言えば、モテる条件を満たすと、生まれつき顔がブサイクでも「モテる男」にはなれるということ。自信を持って、モテる男の条件を読み進めてみてください。

モテる男が持つ15のマインド

モテる男性の性格や内面性の条件として挙げられるのは、強靭な精神力。心の持ちようで、モテる男への道のりは大きく変わってきます。

「中身は外見に現れる」という言葉もあるように、いくらルックスを磨いても、肝心の“中身”が備わっていないと、すぐにメッキは剥がれてしまうもの。モテる男は、内面にブレない信念や軸、考え方をちゃんと持っています。

それでは、モテる男に共通する内面性“15個のポイント”をご紹介します。

1,来るもの拒まず、去るもの追わずのスタンス

来るものを拒むというのは、相手に対して恐れや食わず嫌いの心理が働いているときに起こります。反対に、去るものを追っているときは、貴方が相手に依存や執着している状態。つまり、ネチネチしたメンヘラ男です。

モテる男は物事を“来るもの=チャンス”、そして“去るもの=過去のもの”と捉えます。この姿勢を保つことで、いつでも前向きでポジティブに毎日を過ごせるのです。暗い雰囲気の人より、明るく前向きな男性がモテるのは当然ですよね。

2,がっつくのは遠回り。モテる男は余裕を持って女性を口説く

好意を寄せる女性に対し、電話やラインでガツガツしすぎていませんか?積極的な姿勢はすごく良いことですが、急いてはことを仕損じる。過度なガツガツした姿勢は、飢えていると思われ、敬遠されてしまう場合があります。

例えば「次いつ空いてる?空いてる日わかったら連絡して」「ご飯早く行こうよ!」といった会話内容では、女性は急かされていると感じるもの。余裕のない男はモテません。

反対にドシッと構えている男性の方が、心に余裕も感じられ魅力的に映ります。30代や40代の大人メンズが若い女性にモテるのは、経済力はもちろん、心に余裕があるから。肉食的に行動するのも良いですが、女性を安心させたり、癒してあげられる寛大な男性はもっと素敵ですよ。

3,モテる男は、時間を割く優先順位が分かってる

モテる男性は物事にしっかりと優先順位をつけています。時間は有限と理解しているからこそ、必要ないことに時間を割いたりはしません。そのため、生産性のない時間は過ごさず、本当に大切な人のために時間を費やします。高校生や大学生と違い、社会人になるとタイムスケジュールもシビアになるので、しっかりと時間は有効活用しましょうね。

4,一人の時間を大切にしている

1人で過ごす時間を敢えて作るのがモテる男。忙しい毎日に追われてつい忘れてしまいそうになる「自分の軸」を見直したり、読書をして知識を増やしたり、一人きりの時間でも向上心を忘れません。

自分と向き合う時間を惜しまないからこそ、そこに男の美学が宿るのでしょう。その美学が、男の格や魅力を引き上げます。そんな男性が、恋愛面で女性にモテるのは言わずもがな。

5,失敗を糧にしている

どんなにイケメンでモテる素敵な男性でも、恋愛成就100%などあり得ません。今までの人生でほろ苦い恋愛経験も味わっているはずです。自分が良い!と思う女性を見つけたら、失敗を恐れず、積極的にアプローチしましょう。失敗したら糧にすれば良いのです。失敗に埋もれるモテないダメ男のようにクヨクヨする必要はありません。もちろん、先ほど少し触れたように、「積極的」と「ガツガツ」の意味を履き違えないように注意してくださいね。

好きな人に果敢にアタックする男性に、きっと恋の女神も微笑んでくれます!恋愛も仕事も場数を踏むことで、人としての深みが増していきます。

関連記事一覧